講座説明|速読(楽読)横浜スクールは、速読によりあなたの潜在能力を発揮させる教室です。

リターントゥヒューマン横浜スクール
速読術 情報処理能力と記憶力が高まります。
365日間*無料で学べるメール講座
お名前
メールアドレス

ブレインハートアカデミーにじびとブログ
  • イシリスインフィニティ
  • ブレインハートアカデミー
  •  一般社団法人 日本記憶術協会
  • スピリチュアル・心理 YUMI∞Healing Office
講座説明
速読で、何ができるようになり、何が変わるのでしょうか?

皆さんが一番知りたいことですよね。ご自分がどう変化するかということです。

速読(楽読)横浜スクールの速読は、ただ単に速く読ませるように無理をさせるのではなく、自然にリラックスした状態で右脳が働きやすくし、左脳との連動のバランスをよくするトレーニングにより、スピードがアップしていきます。
それぞれ個人差があるので、一人ひとりの進行状態を確認しながら進んでいきます。そのため、教室は少人数制をとっております。

今までの速読教室の傾向としては、パソコンに向かい合って行うスタイルが主流ですが、速読(楽読)横浜スクールの速読教室では、パソコンは使用しません!
本を使った授業で人と人とのふれあいを大切にしながら速読を習得できます。

レッスンが進んでいくに伴って、自分の潜在能力が知らないうちに、どんどん引き出されていくのを感じてください。
ほとんどの方がご自身の脳の偉大さに感激するでしょう。
どうぞご自分に期待して始めてみましょう!きっと変化がわかるはずです!

なぜ速読が能力開発になるのでしょうか?

皆さんご存知のように、人間には右脳と左脳があります。左脳は言語脳で情報を処理する現実的な脳です。右脳はイメージ脳で無意識の脳です。私達は、右脳でイメージしたことを左脳で言語として表しています。テスト勉強などは、左脳で意識的に覚えていますが、自転車の乗り方は右脳で無意識に(身体で)覚えています。あなたの潜在能力を引き出すには、眠っている右脳を活性化すればよいのです。

なぜ速読が能力開発になるのでしょうか?
どうすれば右脳を活性化できるのでしょうか?

情報をゆっくりとしたスピードで入力すれば、左脳へ入力することになります。
出来るだけ速いスピードで入力すれば。右脳への入力になり、右脳からの出力が得られるようになります。
速いスピードで情報をインプットするにはどうすればよいのでしょうか?
速読・速声・速視があります。
左脳は入って来る情報を言語化しますが、速いスピードで情報を入力すると、
左脳は言語化が追いつかず、イメージで処理する右脳に働きを任せてしまいます。
それは、右脳が高速リズムで働く頭だからです。

潜在能力を引き出すには…

潜在能力を引き出すには、右脳と左脳が連動しているのがよいわけです。そのため「速読(楽読)横浜スクール」を進めていくうちに右脳が開発され、右脳と左脳のバランスがとれるようになり、自分の潜在能力が引き出されてくるのです!

このページの先頭に戻る